2005年09月15日

赤ひげ(ビ・5)

私のおすすめ度:★★★★★

映画を越えた映画ですね。
映画を見ている途中、何度も感情移入してしまいました。
これはとてもフィクションとは思えない。演技とは思えない。
実際に存在しているとしか思えませんでした。
こんな映画を作られたら、どんな映画も作為を感じそうです。
加山雄三は、いろいろと才能のある人ですが、
この映画の加山雄三は素晴らしかった。
若大将だけが彼のイメージと思ったら大間違いでした。
三船敏郎は言うまでもなく最高でした。貫禄十分です。
黒澤がこの映画を最後に三船と映画を撮らなくなり、
その後は映像視覚的な作品が増えていったのも
この映画まででやりたいことをある程度やった
という充実感があったからでしょうね。

最後に一言:私の黒澤映画ベスト3です。

posted by 中年映画少年 at 19:59| Comment(2) | TrackBack(2) | 黒澤映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。