2005年10月16日

シンシティ(劇・1)

私のお薦め度:★

シン・シティ スタンダード・エディション
ブルース・ウィリス ロバート・ロドリゲス フランク・ミラー
B000EXZJ0Y


私のお薦め度1でごめんなさい。
R−15指定になるはずです。
暴力的で残酷で吐きたくなるくらい気持ち悪いシーンが多くて、
子供には見せたくない映画でした。女性にもちょっと・・・

ストーリーはめちゃくちゃだと思いますが、おもしろいとは思います。
映画としての展開・構成も、とても良くできていたと思います。
でも刺激が強すぎました。

ミッキー・ロークは、メイクのことを差し引いても、全く違う人にみえました。
あの「ナインハーフ」の頃とは別人です。

私が俳優だったらちょっと出たくない映画です。
唯一、ブルースウイルスの役だけがまともでしょうか?

この映画を観ての収穫は、ジェシカ・アルバが
とてもセクシーで美しくチャーミングな女優であることを知ったことでしょう。


posted by 中年映画少年 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。