2005年11月30日

ヒトラー 最期の12日間(劇・5)

私のお薦め度:★★★★★

B000AC2V5Kヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション
ブルーノ・ガンツ オリヴァー・ヒルシュビーゲル アレクサンドラ・マリア・ララ
日活 2006-01-14

by G-Tools



「目を見開いていれば、気がついていたはず」

この一言の重みを表現するためにこの2時間半の映画は綴られて行きます。
私はヒトラーの秘書だった トラウデル・ユンゲ (著)をベースにして制作されたこの作品。必見です。
前半は、物語が冗長に感じられないでもありませんが、
じわじわとボディブローのように身体全体に効いてきます。

「ハイルヒトラー」の言葉とともに殺害される、あるいは自決していく兵士。
これでもかこれでもかとナチズムへの心酔した人々の狂気が迫ってきます。
なぜそこまでナチズムに忠誠を尽くしたのか?
歴史に対して無知な自分に気づかされます。

本当にこれは狂気で片付けられるのか?
戦争あるいは時代あるいは集団における人間の恐ろしさ、ひ弱さをまざまざと見せつけられます。
それに対し、どこまでもナチへの忠誠を尽くそうとする人々に命の尊さをとく医師。

スクリーンの前の私たちは医師の言うことを当然と捉えているのでしょうが、
こういう中で果たしてどれだけの人間が平静さを保っていられるのでしょうか。

「目を見開いていれば、気がついていたはず」

私たちも気がつくことができるのでしょうか。

もしかして、すでに気が付かねばらないことに気付いていないのでは・・・

posted by 中年映画少年 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(2) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリザベスタウン(劇・2)

私のお薦め度:★★

B000BD7AR2エリザベスタウン
オーランド・ブルーム キャメロン・クロウ キルスティン・ダンスト
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-04-21

by G-Tools


コメントしにくい映画です。
最初の大失敗の設定に無理を感じます。
ヒロインはどうして主人公に関わっていったのかもわかりにくかったです。
ちょっと共感しにくい映画でした。
母親役のスーザンサランドンの存在感が光っていました。

でも、エリザベスタウンって実在の町なんですね。
行ってみたくなりました。
きっと今頃、主人公と同じルートでドライブしている人は多いんじゃないかな。
すてきな音楽を聴きながら


人気blogランキングへ
posted by 中年映画少年 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蝉しぐれ(劇・2)

私のお薦め度:★★

映像がきれいでした。日本にまだこんな光景が残っていたんですね。
こんな光景が見られなくなりつつある昨今、
これからこういう自然が少なくなってしまうのかとても不安でもあります。

物語はご存じ藤沢周平の代表作といわれる作品ですが、
原作を読んでいないので、何とも言えませんが、
たぶん原作はもっと男と女の思いの細やかな部分が描かれているのではないでしょうか。
そこら辺がこの映画では不十分に感じました。特に後半。
前半はとても良かったと思います。
少年少女時代を演じた役者さんはとても個性的でした。
これからを期待しています。
でも後半、特に屋敷で戦うシーンから後が、かなり不満です。
染五郎は好きな役者ではありますが、ちょっと力不足を感じてしまいます。
それとも監督の演出不足かもしれませんが・・・
これが「たそがれ十兵衛」の山田洋次だったらもっと・・・と思うのは
私だけではないと思います。


人気blogランキングへ
posted by 中年映画少年 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マザーテレサ(劇・4)

私のお薦め度:★★★★

さすが文科省推薦。とてもきれいな伝記映画でした。
これ皮肉でもお世辞でもありません。

ただ、マザーの偉業の裏にはきれい事でないことが
もっといっぱいあったと想像されるのですが、
あまりにもすんなりと事が運んで行き過ぎるところが不満でした。

しかしマザーの言葉の数々に勇気付けられます。

あの「ロミオとジュリエット」(ディカプリオ版じゃない)の、「君は薔薇より美しい」、
布施明夫人だったオリビアハッセーがこんな役をやるようになったなんて年月を感じます。
上記のイメージの強いオリビアがマザーテレサにだんだん見えてくるのが不思議でした。
マザーが乗り移ってきたかのようにさえ感じました。

司祭長役はどう見ても仲代達也にしか見えなかったのですが,仲代達也ではないのでしょうか?
残念ながらエンドクレジットを見逃したので、何という名の俳優だったのかわからないのですが、仲代達也ですよね。
でもホームページでいろいろ探しても仲代達也がこの映画に出たということはどこにも書いてないのですが・・・
でもやっぱり仲代達也にしか見えなかったのですが・・・
誰か教えてください。


人気blogランキングへ
posted by 中年映画少年 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。