2005年12月24日

YAMATO男たちの大和(劇・4)

私のお薦め度:★★★★

B000C5PNSW男たちの大和/YAMATO 限定版
反町隆史 辺見じゅん 佐藤純彌
東映 2006-08-04

by G-Tools



戦争は,誰のためにするのでしょうか?
命を投げ捨ててまでして,なぜ戦わねばならないのでしょうか?
戦うことに何の意味があるのでしょうか?
戦争の愚かさ,虚しさ,悲しみ,いろいろなことをこの映画で感じることと思います。
戦闘シーンの迫力・臨場感が今までの日本映画にない迫力でした。
途中で「もうやめてくれ」と叫びたくなるくらいつらいシーンが続きました。
全体に派手さを押さえて,この手の映画にありがちな戦争を美化したところや,
登場人物を英雄視したところがほとんどなく良かったと思います。
長島一茂がいい役をこなしていました。

「亡国のイージス」の時には,何を勘違いしたのか自衛隊員募集の広告が映画館に
たくさんおいてありましたが,さすがにこの映画では置いてありませんでした。
武力による平和は決してあり得ないことに多くの人が気付いてほしいと思います。

しばらくは,長渕剛の主題歌を聴くと,この映画のことを思い出して涙が出そうになると思います。
posted by 中年映画少年 at 00:20| Comment(1) | TrackBack(4) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も最近は涙腺が緩んできて「島歌」でも泣けます^^;
http://kandouii.sakura.ne.jp/flash/shimauta.htm
Posted by シィル at 2006年01月27日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

男たちの大和 YAMATO その2
Excerpt: ●『男たちの大和 YAMATO』2005年12月17日公開。公開まで後一ヶ月。なんだか地元広島では盛り上がりつつあります。呉の大和ミュージアムもかなりの動員があるらしい..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2005-12-24 10:30

映画館「男たちの大和 YAMATO」
Excerpt: 「戦艦大和」存在は知っていましたが、日本史が嫌いな私はどの時代のことなのか知らずにいました。父が観たいと言っていたので、父と一緒に観に行ってきました。 戦闘機の時代に日本が一生懸命作った戦艦大和..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-12-26 17:12

『男たちの大和 YAMATO』12月18日に観ました
Excerpt: 『男たちの大和 YAMATO』 公式HPはこちら 2005年4月、戦艦大和沈没60周年の年、ある女(鈴木京香)が鹿児島県枕崎の漁師・神尾(仲代達矢)に大和が沈んだ場所まで舟を出してほしい..
Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
Tracked: 2006-01-06 13:43

男たちの大和
Excerpt: ★★★☆  新宿は嫌いだけど、渋谷はもっともっと大嫌いだ。ごちゃごちゃ、チマチマした道が多くて、そのうえ歩道が狭いので、死にたくなる程混雑しているからである。そして井の頭線が、これまた異常に混んでいて..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2006-01-14 14:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。