2006年02月21日

プルーフオブマイライフ

私のお薦め度:★★★

B000FOT8HCプルーフ・オブ・マイ・ライフ
グウィネス・パルトロウ ジョン・マッデン アンソニー・ホプキンス
アミューズソフトエンタテインメント 2006-08-25

by G-Tools


原題「proof」のままの方が良かったような気がします。
博士の愛した数式といい、コレといい
ちょっとした数学ブーム?

アンソニーホプキンスは異常な天才という役が
はまり役になってしまいましたね。

物語を一言で言うと「精神の解放」でしょうか。

数学者として天才と言われた父と競うように
ある数学の定理の証明に取り組む。
おそらくフェルマーの定理あたりを想定しているんでしょう。

証明ができたところ以外はコレと言った盛り上がりのない映画でしたが、
なぜか退屈はしませんでした。
主人公のやり場のない苦悩に共感してしまったのかもしれません。

主人公の女性が最後までシャラポワに見えてしまったのは
私だけでしょうか?
posted by 中年映画少年 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画館「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」
Excerpt: 全く情報をいれずに期待もせずに観に行ったので、結構楽しめました。中盤までは、あまり面白く感じなかったのですが後半にかけてはテンポもよく現在と過去の切り替わりがチョットわかりずらかったけど楽しめました。..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-02-21 23:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。