2006年05月31日

ダヴィンチ・コード

私のお薦め度:★

残念ながら、私には面白さが分かりませんでした。
しかし、この内容ならキリスト教徒から非難されるのは当然でしょうね。


映画を観て感じたことは

人間には宗教が必要だ。
ダヴィンチは、タイトルにするほど関係はない。
なぜフィボナッチ数が出てくるのか?
トムハンクスの額は本当にあんなに薄いのか(メイク?)

と言うことです。
あまり収穫のない映画でした。

キリスト教に興味のある人には、興味は尽きないのでしょうが、
私には同じく聖杯をあつかったという意味で
インディジョーンズ最後の聖戦の方が100倍面白いでした。

ついでにフィボナッチ数について簡単に説明しておくと


2=1+1
3=1+2
5=2+3
8=3+5
13=5+8
21=8+13
・・・・
のように前の2つの数字を足して次の数を作った数字の列をフィボナッチ数と言います。
フィボナッチ数は、木の枝、ひまわりの渦、サボテンの渦、うさぎの増え方
など自然界にたくさん存在します。

ダ・ヴィンチ・コード(上)ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

by G-Tools



posted by 中年映画少年 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画館「ダ・ヴィンチ・コード」
Excerpt: この作品って、レオナル・ド・ダヴィンチの話がメインなのかと思っていた、、、モナリザもチョットしか出てこないんですねぇ。。。 原作を読んでいない私は、テレビで「本を読んでいない人は、せめて特集番組..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-05-31 06:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。