2006年07月31日

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

私のお薦め度:★★★★

最近の私の着メロはパイレーツ・オブ・カリビアンのテーマです。
耳からあの曲が離れません。
昨年の今頃はダースベイダーのテーマでした。
着メロにあう曲として他には
ゴジラのテーマとか、ミッションインポシブルのテーマとかいいですね。

さて、今回のパイレーツ・オブ・カリビアン、
待ちに待った映画だという人は多いことでしょう。

さすがに期待を裏切らない出来の映画でした。

映像と音の迫力はもちろん、キャストの魅力といい
「スターウォーズ4〜6」シリーズの再来といった感じです。
ついでに話の内容もスターウォーズじみてきましたね。
キャラもかなりかぶっているし・・・

でもジョニーデップ、今回もいいです。

私と同じ年。私も頑張らないと。

ついつい、あの酔っぱらったようなオカマっぽい動きを
まねてみたくなってしまいます。

全編笑えるシーンが満載。

次回作第3作が楽しみです。
posted by 中年映画少年 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21732069

この記事へのトラックバック

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ チェスト
Excerpt: 前作で不死の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返した孤高の海賊ジャック・スパロウ。 自由な大海原に船出した筈の彼の前に逃れられない宿命が立ちはだかる… 今から13年前―――ジャックはブラック..
Weblog: 映画批評
Tracked: 2006-08-01 21:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。