2006年12月09日

武士の一分

お薦め度:★★★★

「ハウルの動く城」で、すっかり木村拓哉に脱帽してしまってから
かなり期待して観に行きました。
何しろ、山田洋次監督、ハズレのわけがありません。(期待しすぎ?)

期待通りでした。
でもどっちかと言うと「たそがれ清兵衛」のほうが、良かったとは思いますが。

最近涙もろくなったのか、何度も泣きました。
歳ですね。

「武士の一分」という言葉が、何度も出てきたのが気になりました。
(何度もといっても3回くらいですけどね。)

山田監督の作品では「学校V」が1番好きです。
posted by 中年映画少年 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29258119

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。