2006年12月18日

犬神家の一族

お薦め度:★★★★

前回の映画化からなんと30年!

監督・主演が同じ,とても期待していました。

前回が衝撃的だっただけに今回の作品より前回の方が
出来が良かったような気がします。

「ヨキケス」に前回はこだわったのに今回は出てこない
金田一と犬神家の人々との会話が少ないなど,

多少演出の違いがありました。

また,戦争直後の雰囲気,横溝正史の独自の世界観が
少し薄かったように感じました。

しかし今回の方が,私の心に迫ってくるものがありました。

やはり,人は歳と共に感じ方が変わるのでしょうね。


posted by 中年映画少年 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29838964

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。