2005年08月31日

アイランド(劇・3)

私のおすすめ度:★★★

7月某日、私は映画をハシゴしました。1本目はS、2本目はIという映画です。

2本目のIもいい映画だとは思うのですが、
1本目のSの内容が強烈というかショッキングだったために
Iの評価は低くなってしまいました。

そう、Sとはスターウォーズ、Iとはアイランドです。
しかもどちらもユアンマクレガーが主役級の映画なのでした。

お話は、
大気汚染された外界から隔離された空間で過ごす未来の人類。なぜか子どもはいない。
彼らの唯一の生き甲斐は憧れの地最後の楽園アイランドへ行くことだった。
アイランドに行けるのは毎日1回の抽選の当選者と陣痛がきた妊婦だけ。
果たしてアイランドとはどんなところなのか・・・

謎解きあり、スリルあり、アクションあり、ちょっとしたどんでん返しあり
となかなか楽しめる映画でした。
社会への警鐘を打ち鳴らす作品でもありいろいろと考えさせられます。
クローン技術が発達しつつある現代社会では決して絵空事でないあり得る話だと思います。

主人公を手引きしてくれた技術者がかわいそうでした。
殺し屋の気が変わったのは今ひとつ理由に欠けたと思います。
結末では解放されたけど、真の解放は難しいだろうなというところで終わりました。
それだけ難しい問題(あってはいけない問題)を抱えた題材だったと思います。


最後に一言:殺し屋は本当に間違えたのかな?

B000BIX81Oアイランド
ユアン・マクレガー カスピアン・トレッドウェル=オーウェン マイケル・ベイ
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-11-25

by G-Tools

posted by 中年映画少年 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(2) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6422704

この記事へのトラックバック

アイランド /男性論理の転倒
Excerpt: (ネタバレ注意!)本作は、西洋形而上学の「肉食・男性論理中心主義」に疑問を投げかけており、単なるSFパニック映画とは一線を画す秀作である。 アイランド 主人公の男性リンカーンと女性ジョーダンは、..
Weblog: マダム・クニコの映画解体新書
Tracked: 2005-09-04 23:27

■〔映画雑談Vol.9〕映画館での地震体験??『アイランド』(2005/マイケル・ベイ)鑑賞メモ
Excerpt: おはようございます! 今週も、数多くのTB、数多くのコメントを頂きまして まことにありがとうございます!! ◆―さて、土曜日です、 7月最後……から2番目の(^^)週末です、 気..
Weblog: 太陽がくれた季節
Tracked: 2005-09-15 20:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。