2005年09月06日

七人の侍(劇・4)

私のおすすめ度:★★★★

「世界のクロサワ」作品は私にとってすべて満点といってもいいのですが、
この作品は見るのに時間がかかるというので4つ★としました。

黒澤映画のベスト作品に必ず挙げられる作品ですが、
劇場で観ることができた私はとても幸せ者です。
リマスター版で公開されたときに劇場に見に行きました。
さすがに3時間半は長かった。でも面白かった。

黒澤は映画はエンターテイメントでなければならないというのが持論でしたが、
正に息もつかせぬ3時間半、とても充実した時間を過ごせました。

三船敏郎というと私の小さい頃、「荒野の素浪人」というテレビシリーズがあって
その中ではやたら貫禄のある、剣の腕が立つ浪人という役でした。
たぶん「用心棒」「椿三十郎」のその後みたいな話だったんだと思います。
しかし、この「七人の侍」では、
若くて血の気の多いやんちゃな大男で、あまり刀さばきはうまくないという役で
ちょっと意外だったのを覚えています。
それまではいばった感じであまりいい印象ではなかったのですが、
人間くさい役でとても好感を持つようになりました。
また久蔵役の宮口精二はかっこいいし、
勘兵衛役の志村喬も落ち着いた頼もしい役で
七人それぞれが個性的でした。

DVDで観ることはできますがこれは是非映画館で観てもらいたい。
しかし映画館で観ることが難しいのが残念です。
ホームシアターがある人は、うらやましい限りです。
劇場では途中で画面に「休憩」が入るのですが、DVDではどうなっているのでしょうか。

黒澤作品はほとんど見ているので、これから少しずつ紹介してゆこうと思います。

最後に一言:DVDで満足しないで、もし劇場公開されたら是非見に行こう。

posted by 中年映画少年 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 黒澤映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6628111

この記事へのトラックバック

おとうさんのファッションチェック
Excerpt:      Mうっわーマジいそがしい。 けどムスメが昼夜問わず寝てくんないから なーんにもできないや!マズ! なんで今日は適当更新だ! ついてこれるヤツだけついてこい! 今日はおと..
Weblog: ヒトのにくばかりやくな@家庭内部告発絵日記??いくじ4コマ付??
Tracked: 2005-09-22 14:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。