2005年09月23日

夢(ビ・4)

私のお薦め度:4

映像がとにかく綺麗。
モノクロ映画で育ってきた黒澤が、
カラー映画を強く意識して作った作品ではないでしょうか。
カラー映画とはこんな映画じゃなきゃ

オムニバス映画で、
前半の幻想的なテーマから戦争と平和、環境問題そして人生を考えさせられます。

最初はなんだこの映画と私の中では評価が低い方でしたが、
結局この映画を観た回数が1番多いと思います。
それくらい「かめばかむほど」みたいな味のある映画だ
(黒澤映画はどれもそうですが)と思います。



posted by 中年映画少年 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒澤映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7223269

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。