2005年11月15日

仮面ライダー THE FIRST(劇・1)

私のお薦め度:★

仮面ライダー世代の私としてはかなりがっかりでした。
よかったのはライダー二人が昔の雰囲気そのままで二人並んで立っているシーンと
サイクロンがカッコ良かったというところくらい。
立花の親父さんがV3の宮内洋というところもいただけません。

悪の秘密結社ショッカーが、5人くらい殺した以外は特に悪じゃなかった。
やっぱりショッカーは悪でなくちゃ。
しかも殺された人はどんな人なのかわからない。
もしかしたら悪い人を殺しただけじゃないでしょうか。

正義のヒーローのはずが単にストーカー的に一人の女性を守るだけだし。
陳腐なラブストーリーになっていたのが残念です。
ウエンツ瑛士の出てくるサイドストーリーもいりません。
ダ・パンプのISSAもいらない。死神博士だけで十分です。

仮面ライダー THE FIRSTというからには原点に戻って
単純な正義の味方が観たかったというのは私だけでしょうか。

コスチューム的にも、蜘蛛男・蝙蝠男・コブラ男・蛇女・戦闘員
全部昔のイメージでやってほしかった。
ライダーのサイドのラインもないし、残念でした。

それとなんといっても変身シーンがないぢゃないかっ!!
「ヘ ン シ ン 、トゥー」は????
posted by 中年映画少年 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

仮面ライダーTHE FIRSTその2
Excerpt: こちらが『仮面ライダーTHE FIRST』(A)のチラシです。この映画で気になるのは立花藤兵衛がV3の宮内洋さんが演じる事に・・・。(私なりにゴレンジャーのアオレンジャーが印象強し)ファンにはなんとも..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2005-11-17 22:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。