2005年11月21日

機動戦士ZガンダムU恋人たち(劇・1)

私のお薦め度:★(ガンダムファンの皆さんごめんなさい)

前置きしておくと、私はガンダム世代より少し年上だと思います。
初代ガンダムはTV(リアルタイム)で少し見ました。少しずつ再放送で何度も見ました。
ZガンダムはTV(リアルタイム)で最初の方を少し見ました。
今回、無謀にも劇場版ZのTを見ずにUを見ました。全くわかりませんでした。

ストーリーはいきなりシャア(クワトロ)、アムロ、カミーユのそろい踏みで始まったので
「これはなんだー」とびっくりしましたが、テレビ版を劇場3部作にしているだけだったのですね。
全く新しいストーリーの新作とばかり思っていました。

画面が粗いと思っていたら、テレビ版に時々新しい映像を入れていたようで
つぎはぎだらけのお粗末なものになっていました。
せっかくだから新しい映像だけで作って欲しかったですね。
画面の粗さだけでなく、表情や顔の質も変わって滑稽ですらありました。

私の予備知識のなさを差し引いても、これはお粗末すぎる作品ではないでしょうか。
Vはちゃんと作ってくださいね。

評価の甘い私でも、評価すべきところがない作品でした。

人気blogランキングへ
posted by 中年映画少年 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9602195

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。